箏曲家

Shoko Otani

OFFICIAL WEBSITE

PHOTO by ©︎TAKASHI OKAMOTO

大谷祥子 プロフィール

箏曲家。東京藝術大学音楽部邦楽科卒業。賢順記念全国コンクール1位。平成13年度文化庁インターンシップ研修生。平成25年度文化庁芸術祭新人賞受賞。古典邦楽のみならず、様々なジャンルのアーティストと共演、全国でコンサート活動を展開。京都市「DO YOU KYOTO?」大使、ジャポニスム振興会副会長、京都みやこ風韻邦楽アンサンブル副団長などを務める。

大谷祥子 略歴

箏曲家。東京藝術大学音楽学部邦楽科を卒業し、京都大学文学部佛教学聴講生のかたわら、仏教音楽研究、日仏音楽交流事業に携わる。
現在、本願寺裏方、本願寺文化興隆財団参議、吉崎御坊蓮如上人記念館館長として蓮如の生涯の研究を進める他、蓮如の教えを現代に活かす心の道を説く活動を行っている。また、ジャポニスム振興会副会長として、日本の心と文化を伝える活動を国内外で行う。フランスでは、ユネスコ本部、フランス銀行黄金の間、パリ地方音楽院、ギメ東洋美術館での公演や、イタリア・ポーランドで邦楽演奏を行う。
京都市が主催する京都若手芸術家である池坊由紀・笹岡隆甫や武者小路千家等とともに、京都市「DO YOU KYOTO?」大使としても活動中。邦楽アンサンブルみやこ風韻副団長、埼玉県鴻巣市観光大使、森の会会員、日仏協会会員。

大谷祥子 芸歴

宮城会全国コンクール児童の部第1位。第5回賢順記念全国コンクール第1位。平成13年文化庁インターシップ研修生に選ばれる。NHK邦楽オーディション合格。平成25年度文化庁芸術祭新人賞受賞。
これまでに、ネオクラシックユニット「レチスマック」でCDデビュー、サントリーホール他でのリサイタル。宮内庁楽士豊家より宮内庁所蔵雅楽音源を基に、万葉の時代の音楽を編曲「天籟コンサート」シリーズでツアー。
2009年4月には野村萬斎主演演出、野村万作、麻実れい、若村麻由美出演の「六道輪廻」舞台音楽企画、京都・大阪・東京公演に出演。同時に六道輪廻CD発売。2017年9月東京キャラバンinKYOTOに出演。京都で仏教祭事、文化事業に携わる。

CM音楽:清酒「大関」録音

テレビ出演:「邦楽芸能花舞台」、「たけしの元気が出るテレビ」「NHK日本の芸能」(Eテレ)

ラジオ番組:大沢悠里のゆうゆうワイド・FM伊東・FMNACK5

海外公演:フランス、イタリア、ポーランド、メキシコ、アメリカ、台湾

CDリリース:「My lucent days」「Trip to heaven」

宮城会会員、京都三曲協会会員、日本現代箏曲研究会会員、祥韻会主宰、伝統文化を未来へつなぐ会(ジャポニスム振興会)主催。